apakabar

facebookinstagram

TOPICS

2019年11月29日|
冬でもなめらかな手に♡乾燥に負けないハンドケア方法はコレ〈予防法・ケア法・手荒れ対処法〉
カテゴリ:

手は乾燥を敏感に感じやすいので、空気中の水分量が減る冬はカサつきやすくなるもの*
「手には年齢が出る」なんて聞いたことある方多いのでは?
カサカサの手は、実年齢以上に見られてしまうかもしれません。

乾燥しやすい冬でも、なめらかな手になるためにはどうすれば良いのか?美容室Apa Kabar(アパカバール)がお伝えいたします♡

予防が大事♡デイリーケア方法

カサつく前に予防することが大事♡
「忙しい家事仕事の合間にケアする時間なんてない*」と思うかもしれませんが、習慣化してしまえば苦ではありません。
日常の1コマにハンドケアを組み入れてみてくださいね♡

こまめにハンドケアアイテムを塗る

手を洗うたびに、お持ちのハンドケアアイテムを塗るようにしましょう。
塗る前には水分をしっかり拭きとることがポイント*その際はタオルで優しくポンポンと拭きとりましょう。

職場のデスクの中や家のキッチンなど、サッと手に取りやすい場所に置いておくと使いやすいですよ♡

水仕事のときはビニール手袋を着用

手荒れを予防するためには、水に触れる時間を少なくすることがベスト。
食器洗いや水回りの掃除をするときは、ビニール手袋を着用しましょう。

どうしても直接水に触れる場合は、水の温度を調整しましょう*
熱すぎる湯は乾燥してしまい、冷たすぎる水はあかぎれやしもやけの原因になってしまいます。ぬるま湯くらいにすることがおすすめです♡

カサついてしまったときのケア方法

手がカサカサしてしまったときのハンドケア方法をご紹介します♡
「なんだかカサついているな」と思ったら早めのケアをおすすめします*

化粧水を塗る

お顔に使う化粧水を手に塗り、その後ハンドケアアイテムを塗りましょう。
化粧水は肌を柔らかくしてうるおい環境を整えてくれる効果があるため、なじみが良くなります。

手の血行を良くする

ハンドケアアイテムを塗ったあとに軽くマッサージしましょう。
血流と共に老廃物が流れ、なじみが良くなります*

またスキマ時間に手や指の運動をすることも効果的!
グーパーの動きや指を一本ずつ動かすなどして、手の血行を良くしましょう。

あかぎれするほどの手荒れ対処法

手肌に厳しいこの季節。どんなにケアしていても乾燥に負けてしまい手荒れしてしまうことも。
そんなときの対処法をお伝えします*

絆創膏でバイキンの侵入防止

あかぎれは傷と同じ。放っておくと雑菌が入ってしまうこともあります。
傷口をキレイにした後、絆創膏などで保護しましょう。

皮膚科へ

あかぎれは皮膚科で治すことができます*
症状に合った薬を処方してもらえるので、早めの回復が期待できます。

イチ推しハンドケアアイテム♡

美容室Apa Kabar(アパカバール)おすすめのハンドケアアイテムをご紹介します*
ズバリ「para spa(パラスパ)」のハンドオイルです♡

para spa(パラスパ)とは、天然由来の植物オイルとオーガニックエッセンシャルオイルを配合した、今人気急上昇中のお肌に優しいオイルケアブランドです。

出展:http://paraspa.jp/

para spa(パラスパ)のハンドオイルは、塗るだけで優しい植物オイルが手を包み込み、潤いを充分に与えてくれます♡

乾燥を防ぎ、なめらかな手肌にするだけでなく、手の小じわが目立ちにくくなる効果も期待できますよ♪

またサラリとしたテクスチャーや、ふわりと漂うエッセンシャルオイルの香りが使い心地をより良くしてくれます♡

リッチな潤いや使用感を感じられるハンドケアアイテムです♡

まとめ

今回は、なめらかな手肌になるためのデイリーケアから手荒れしてしまったときの対処法までご紹介させていただきました*
この冬は乾燥に負けたくない!と思う方の参考になれば嬉しいです♡

美容室Apa Kabar(アパカバール)は髪だけでなく、「美」に関する勉強を常にしています。何かお悩みのことがありましたら、お気軽にご相談くださいね♡

商品詳細

para spa(パラスパ) ハンドオイル
容量:10ml
価格:2,800円(税抜)

簡単ネット予約